独立系マイレージ

  • アエロフロートロシア国際航空(アエロフロートボーナス)
  • フィリピン航空(マプハイマイル)
  • エジプト航空(エジプトエアー プラス)

スター アライアンスやスカイチームがチェーン店なら、こっちは個人店。マイルだけ提携しているところはあっても、基本的には、飛行機のマイルはウチだけしかカウントできません、というスタイルです。

ちょっとそれは厳しいかも……と思うかもしれませんが、個人店だけあって、サービスが良かったり個性的だったり、

例えば、恋人や配偶者が海外に住んでいる、または別荘がある、なんて場合は、あえて独立系マイレージの会員になって、マイルをためるのはどうでしょうか?

アエロフロートロシア国際航空(アエロフロートボーナス)

広大なロシアはもちろん、ヨーロッパにも中東にもアフリカのカイロにも、格安料金のチケットで行けちゃうアエロフロート。提携航空会社はなく、飛行機でマイルを貯めるならアエロフロートのみです。

アエロフロートボーナスのいいところは、毎フライトごとに、最低でも500マイルがもらえること。新潟からサンクトペテルブルクなんて、500マイルないでしょ……と思っていたら、そんな使はなく、東京からモスクワに行って乗―換えになっちゃうみたいですが。

フアーストクラスに乗ったら250~300%、ビジネスクラスなら150~200%のボーナスポイントがもらえるのも、他と比べて太っ腹な感じですね。貯めたマイルのポイントで特典に変える際は、本人と家族が使えます。

タダチケットがもらえるのは1万5000マイルから。3年間のうちに1回は加算しないと貯めたマイルが無効になります。

フィリピン航空(マブハイマイル)

フィリピン航空独自のマイレージシステム、マブハイマイル。。もちろん提携航空会社はありませんしかし! たった3000マイルからフィリピン国内線の無料チケットと交換ができ、マニラ~セブ間の国内線は4000マイルで特典無料航空券に。

そして、特典航空券は家族以外の誰でも譲渡が可能。マニラ~東京間の獲得マイル往復3758マイル、東京~セブは往復4048マイルなので、これはうれしい話ですね。

タダチケットがもらえる必要マイル数は、東京・大阪・沖縄~マニラ間で2万マイル~、セブも2万マイル~です。

マブハイマイルで面白いのは「スポーツープラス」というプログラムがあること。マブハイーマイル会員へのオプションープログラムで、ゴルフ、スキューバーダイビング、スポーツーフィッシングなどの用輿に関し、適用範闘内で受託手荷物重ハ皿が無料になる特典や、提携のダイビングスクールなどでの割引などの特典が。ゴルフやダイビングつて、結構重たいし、かといって現地レンタルで道具を用憲するばかりじゃイマイチなんで、これはうれしいですね。

マイレージの期限は搭利用~から3年後、各4半期の址終日。たとえば、2005年の7月1~から9月30日の間にご搭乗分のマイルは2008年の9月30日に失効です。

エジプト航空(エジプトエアー プラス)

飛行機に乗ったときにマイルのカウントができるのはエジプト航空のみ、もちろん、マイル特典でもらったタダチケットで乗れるのもエジプト航空のみ。孤高のマイレージシステム「エジブトエアープラス」。日本~エジプト間を、チケットを買って飛行機に乗った場合、稼げるマイルは8500マイルなんですが、日本~エジプト間のタダチケットをもらうには、片道4万2000、往復8万4000マイル必要。期限はないのですが、10回往復してやっともらえるタダチケット、という感じですね。

もちろん日本人もマイレージ会員になれますが、これからの人生で、エジプト方面に10回以上行く! という人じゃないと、トクした気持ちになれないかも……。ちょっと厳しいマイレージシステムです。