マイレージ攻略 > 基礎知識 > いざとなったらマイルを買うという裏ワザもあり

いざとなったらマイルを買うという裏ワザもあり

もうすぐ3年になるのに貯まったマイルは1万以下……。ムダにしたくないけれど、マイルを貯める予定がない……という場合。または、目標のタダチケットをもらうのに、あとちょっとマイルがあれば……なんて場合。一番てっとりばやくマイルを加算できるのが「マイルを買っちゃう」こと、なんです。

ユナイテッド(UA)では「パーソナルマイル」「ギブマイル」を販売していて、1口座に1年間あたり、2万5000マイルまで購入可能。パーソナルマイルは自分の口座へ、ギブマイルは、家族や友達にマイルをプレゼントできます。

お値段は1000~5000マイルだと1マイルにつき2.75セント、6000マイル以上だと1マイルにつき2.5セント、1000マイル単位で購入可能(別途連邦消費税7・5%および手数料25USドルが必要)。VISA、マスターカードで支払います。

ノースウェスト(NW)の場合、自分の口座に買うのは「バイマイル」、プレゼントは「ギフトマイル」。こっちは2500マイルを105USドルから2500マイル単位、1年間に最大7500マイルまで購入可能。支払いはVISA、マスタ1カードのほか、ダイナース、JCB、アメリカンエキスプレスカードでの支払いになります。

UA、NWどちらにも言えるのは、マイルを買って自分のマイルに足すことで、3年の期限がさらに伸びること。新しくマイルが加算されたので、向こう3年は、貯めたマイルが消えちゃう心配がなくなります。期限が近づいている人にとっては、マイルを買ってでも貯まったものをキープしておきたい……”と思う人も多いのではないでしょうか?

JALやANAでは、残念なことにマイルを販売していません。提携会社でのショッピングや食事、入会、またはポイント移行などで、足りないマイルを補充するか、空の旅に出るしかないようです。

JALとANAは、2年後の12月31日、というハッキリした期限があるんだから、ちょっとぐらいマイルが買えてもいいのに……。厳しいですねえ。