マイレージ攻略 > 基礎知識 > 国内ならJAL・ANA

国内ならJAL・ANA

日本在住なら乗る確率が高い、JAL・ANAのマイレージをチエック!

これからは飛行機に乗るとき、マイレージを貯めよう〜!となったとき、どこの航空会社のマィレージを貯めようと思いますか?

一番考えられるケースとしては、どこかに旅行することになって、乗る飛行機が決まった。その飛行機の会社のマイレージに、出発するときに入っておく、という感じですよね。航空会社マニアや、会員マニア、収集マニアなんて人は少ないと思います。

当たり前なんですが、マイレージを貯めたいと思ったら、普段からよく乗る飛行機会社、または、今後何度も乗るであろう飛行機会社のマイレージに入会するのが王道ですよね。そう老えると、まず入会しておきたいのは日本の二大航空会社、JALとANAになるんです。

電車での移動は別として、国内旅行で飛行機に乗るならほとんどの飛行機がこの2社のもの。「JAL」「ANA」と機体やチケットにバーンと書いてなくとも、日本トランスオーシャン航空や北海道エアシステム、琉球エアーコミューターはJALグループの飛行機だし、エアーニッポンやエアージャパンはANAグループの飛行機。ほとんどの便がJALまたはANAの系列、と言い切っちゃっていいんじゃないでしょうか。

海外に行く場合は、世界各国の航空会社の飛行機がいくつも乗り入れていますが、日本から旅立つ場合.日本の飛行機が選択肢にあるのは当然。JALとANAは世界中に飛んでいるので、国内だけではなく、海外旅行のときもマイルを貯めるチャンスがあります。その面から見ても、真っ先に考えるなら、やはりJAL・ANAのマイレージでしょう。

また、JALもANAも、マイレージ提携している会社が多い!飛行機に乗る以外で、ショッピングや飲食はもちろん、保険に電話に家の購入まで、幅広〜いジャンルの会社と提携しています。つまり、飛行機に乗る以外でマイルを貯めるチャンスがゴロゴロあって、本気になれば、生活すべての支払いをマイレージ加算にからめることができちゃうんです!

ちなみに、JAL・ANA系列以外:国内袖籾航空会社のマイレ…ジシステムですか.北海道国際航空のAIRDOには「D0マイル」があり、羽田〜札幌・旭川・函館線の搭乗半券8枚(同じ名前で)を集めると、片道の「無料航空券引換証」がもらえます。期限は最初の搭乗日から18か月以内。団体運賃、包括旅行運賃のチケットは対象外となっていますが、1年半で4往復以上、羽田と北海道を行き来している人は、今後AIRDOのチケットの半券は捨てずにとっておきましょう。

羽田〜関西・九州をむすぶスカイマークエアラインズには、クレジット機能付きのカード「スカイポイント。もちろんカードショッピングでもポイントがもらえ、トータル250ポイントから片道半額航空券がもらえます。たった250ポイントなら身近に感じるのではないでしょうか。ちなみに、このポイントの有効期間は1年間。クレジットカードなので、初年度は無料(2005年9月現在)ですが、翌年から年会費がかかります。

ちなみに、伊丹から出ているIBEXエアラインズは、ANAマイレージクラブに加盟。東京〜宮崎・熊本・長崎間を飛ぶスカイネットアジア航空は、いまのところマイレージシステムはないようす。

日本在住なら、まずはJALとANAのマイレージ会員になって、国内線、国際線の両方でマイルを稼ぐチャンスを狙いましょう。