マイレージ攻略 > 基礎知識 > ANAとUA、どっちがいいか?

ANAとUA、どっちがいいか?

一年間でマイレージを集められる数が5000マイル以上ならANAに集中がいい!

国内の航空会社ならJALかANA海外ならノースウエスト(以下NW)かウナイテッド(以下UA)のマイレージがオススメですが、ANAとUAは同じマイレージプログラム「スターアライァンス」。マイレージを集めるならどちらかに集中させた方がいいですよね。

JALとNWも同じ「スカイ・チーム」ですが、NWにとってJALは、マイレージ特典で日本国内の飛行機に乗るときに利用するのみ。JALに乗ってNWのカードを出しても、マイル加算はできない関係です。なので、全く別と考えていいでしょう。

ということで、同じ条件のANAとUA、どちらがいいのか、いろいろ比べて考えてみましょう。

まずは、何マイル貯めたらタダチケットがもらえるのか?まず、エコノミークラス利用、日本国内往復の場合は、ANAもUAも同じ1万5000マイル。ソウル往復の場合だとANAは国内同様1万5000マイルですが、UAは2万マイル。ハワイ往復だと両者同じ4万マイルですが、北米往復はANA5万マイルに対しUA6万マイル。ヨーロッパ往復はANA5万5000マイル(モスクワは4万マイル)に対しUAは9万マイル。マイル数だけ見ると、ANAで貯めたほうが、少ないマイル数で特典になるからいい!と思いますよね。

しかし、ANAに決定〜!とは言?にはまだ早い。まずはカード期限です。ANAは最初にマイルのポイントがついてから、最大3年間、2年後の同月同日までが有効期間。それに対し、UAは3年間の間に再度マイルのポイントをカウントできれば無期限。しょっちゅう飛行機に乗っているなら、3年を待たずしてタダチヶットがもらえるかもしれないけれど、格安航空券で年に1〜2度飛行機の旅……というなら、ANAの期限つきは厳しいですよね。

また、マイルの積算率も注目。たとえば格安航空券&エコノミークラスのチケットをとって海外旅行に行く場合。飛行機がたまたまANAのとき、走行距離そのままのマイル数がもらえると思ったらこれが甘い!ANAのマイレージでは格安航空券のチケット(正式には「包括旅行運賃」)の場合はマイル積算率が50%。また、ペックス運賃、ANAゲット運賃(正式には「正規割引運運賃)だと70%しかカウントされません。国内線の場合でも、ANAの目玉でもある「特割」や「超割」「バースデー」などの場合は75%分になってしまいます。単純に、往復した分がそのままマイル数としてもらえる訳ではないのです。

しかしUAの場合、席のクラスによってのパーセンテージの差はあっても、ればエコノミークラスで100%つきます。

あとはフライト以外のマイルの稼ぎ方もチェック。ANAはさすがに日本の航空会社だけあって、マイレージ》瑳携サービスの種類は豊富。ANAのパッケージ旅行、全日空ホテル、電子マネーの「Edyなど、マィレージのカードにクレジット機能や、プラスアルファの機能を付けた場合、普段の生活でもコツコツマイルを貯めることができます。

UAの場合、メインのクレジットカードをマイル機能付きにすれば、カード払いの時にポイントを稼ぐこともできますが、提擁している会社やホテルは、やはり外資系がほとんど。マリオットやヒルトン、ハィァット、インターコンチなど、東京都心、横浜、舞浜のディズニー周辺によく泊まりに来るならいいのですが、UAのマイレージを使って普段の生活でポイントを貯めるのは、クレジットカードや、UAのウエブサイトでのショッピング以外ではちょっと難しそうです。

ちなみにANAのマイルが稼げる「EdyつきANAカード」の場合、1マイルためるのに200円。1万5000マイルをEdyだけで貯めるなら、3年間の間に300万円使えばOKですが・・・あくまでも補足的に老えた方がいいでしょう。

もし、仕事の出張帰省などで、国内線も国際線もANAをよく使う↓国内の宿泊でも全日空系のホテルをよく使う、という人なら間違いなくANAのマイレージクラブに集中させるのがオススメ。海外よりも国内旅行(帰省)などで飛行機に乗ることが多くて、ANAのスカイホリデーのツアーもよく利用し、カードもこれからクレジット機能付きのANAの力iドにしてもいいなぁ・・・と思っている人も、ANAのマイレージクラブがいいでしょう。

逆に、2〜3年に1回ぐらいなら海外旅行に行くし、たまに出張や旅行で国内線に乗る。クレジットカードも、今メインで使っているモノが、他の利点で便利だし……という人はUAのマイレージプラスがいいでしょう。短期集中のANAか、のんびり集めるUAか、ライフスタイルによって選んでみて下さい。

でも、何かのキッカケでサンパウロやリオデジャネイロなど日本からすっごく離れた都市まで行くことになったら、UAでゆっくり貯めようと思った人もANAのマイレージで一発勝負しましょう!だってマイル数はサンパウロ片道、1万1494マイル。往復で2万2988マイル。エコノミークラスで100%カウントしてもらえれば、もう国内やソウルのタダチケット(1万5000マイル分)はもちろん、グアム・サイパン、香港、上海、北京、台北(2万マイル分)だってもらえちゃう!

南米やアフリカはもちろんですが、ニューョークヘの正規運賃、エコノミークラス件榎の場合は1万3474マイル。ロンドン往復の場合は1万2440マイル獲得可能。あとは提携サービスなどでポイントを足せば1万5000マイルに手が届く範囲です。もちろん、ニューヨーク往復をビジネスクラスに乗れば125%計算だから1万6842マイル、ファーストクラスなら150%で計算してくれるので、2万210マイル。これならすでにダダ券をもらえる範囲です。逆に、2〜3年に1回ぐらいな海外旅行に行くし、たまに出張や旅行で国内線に乗る。クレジットカードも、今メインで使っているモノが、他の利点で便利だし……という人はUAのマイレージ.短期集中のANAか、のんびり集めるUAか、ライフスタイルによって選んでみて下さい。

当たり前ですが、マイレージは飛行距離。滅多に飛行機に乗らない人でも地球の裏側へ行くときは一発勝負として、ANAのマイレージで貯めちゃうのがオススメですよ。