マイレージ攻略 > 基礎知識 > アフリカでマイルを貯める

アフリカでマイルを貯める

日本から旅するのに、かなり遠くて大変なアフリカ。このエリアは、ヨーロッパやアメリカ、中東など、どこかで乗り換えがあって当たり前。だから、アフリカヘの旅は基本的に2区間計算でいろいろ考えなくちゃいけません。もちろん、乗る飛行機によって中継地はいろいろ。シンガポール航空ならシンガポール経由だし、エミレーツ航空ならドバイなど。直行便としてはエジプト航空がありますが、4社どのマイレージ提携にもからんでいません……

チケット代を出して行く場合は、あっという間に1万マイル稼げて、帰ってくれば国内や近隣諦国へのタダチケットが確定! という素敵な状況なんですが、マイルを貯めてアフリカに行く時は、必要マイル数の計算がややこしい~! 例えばJALの特典チケットでカイロに行く場合。

JALでは日本~カイロ間は飛行機が飛んでいないので、JALの提携航空会社、エミレーツ航空で行くとします。その場合、~本~ドバイ経由~カイロというコースに。ということで、エコノミー席のタダチケットで必要なのは、日本~ドバイ問の5万5000マイルと、ドバイ~カイロ間の2万マイル、合計7万5000マイルが必要です。

同じ航空会社の便なら1区間にならないの? と思った人もいるかもしれませんが、ドバイが本拠地の航空会社で、ドバイを経山地にするなら、それはドバイ~日本と、ドバイ~アフリカの2区間ってことになっちゃうでしょう。

ANAのマイレージで行く場合は、日本~シンガポール経由~カイロになるので、日本~シンガポールをUAで行って2万マイル、シンガポール~カイロをシンガポール航空で行くので5万マイル。トータル7万マイルの計算です。

同じような方式で、ケニアのナイロビに行く場合の計算。JALのマイレージで行くなら、まずは日本~ドバイで5万5000マイル、ドバイ~ケニアが3万5000マイル、必要マイル数は9万マイルです。ANAのマイレージでヨハネスブルクに行く場合もまた、日本~シンガポールはUAで2万マイル、シンガポール~ヨハネスブルクは6万マイルで、トータル8万マイルということに。

UAに関しては、スターアライアンスの特典チャートで、日本~アフリカは一律7万マイル、NWも同じ考え方で日本~アフリカは一律10万マイル、となっていますが、経路や乗り継ぎなどで、これ以上にマイルが必要な場合があると考えて下さい。だって、同じスター アライアンスのANAとUAで、同じ場所に行くのに、必要マイル数が違うって、おかしいですよね……。