マイレージ攻略 > ANA > ANAの提携クレジットカード

ANAの提携クレジットカード

ANAの提携カードでは発行会社による違いはありますが、提携しているクレジットカードのブランドによる違いは基本的にはありません。

発行会社とブランドによる違いの他に、特徴のあるカードがあります。

ANA一般カードの郵貯提携カードは、ANAカードの機能に郵貯のキャッシュカード機能を付与したものです。

eLIOカードは、ANAカードの機能に、ネット上で使うのに便利なeLIO機能を付与したものです。どちらも必要であれば、選んでも良いでしょう。

ANAカードでは、利用に応じたポイントが直接マイルにならず、各カード発行会社独自のポイントに一旦加算されます。このため、発行会社の実施するポイントプログラムのサービスを享受することができますので、それぞれのプログラム独自のボーナスポイントをもらったり、他社ポイントを移行するなどの方法で、ポイントを増やすことができます。

ただし、ボーナスポイントやポイント移行サービスなどで増やしたポイントをマイルに移行できないカード(三井住友系のカード)もありますので、注意が必要です。

ANAカードにはEdy機能が搭載されています。Edyは汎用的に使える電子マネーですから、ANAに限らず、日本中のいろいろな店舗で利用することができます。

Edyへの入金は、Edyチャージのできる店舗の店頭に行く、おサイフケータイを使う、パソリというパソコンに繋いで使うICカードリーダーを使って、クレジットカードからチャージするといった方法があります。

パソリを使えば、ANAカードのクレジット機能からチャージできるので、チャージするだけでポイントがもらえます。さらに、対象店舗でANAカードのEdyを利用すると、200円で1マイルがもらえますので、見逃せません。